Home > 経口減感作 > | 診察 > 高校生(?)最後の診察 

高校生(?)最後の診察 

DSC_0426.jpg
受験結果の報告も兼ねて1カ月ぶりの定期診察。
以前よりも待ち時間が少なくなったのは、地域医療でも食アレ治療ができるようになったからなのでしょうか。
思い起こせばドクターも家族も手探りでした(笑)

最近では私は送迎のみで本人がドクターとお話するのみ。

今日はなにやら進学の相談をしていたようです。
ドクターも親身になって考えてアドバイスしてくださいました。お仕事中の看護師さんまで引き込んでくださって。

チビは春から看護学生として歩き出します。小さなころから病院とは縁が切れず、いつも優しくしてくださる看護師さんにあこがれて。
面接練習を進めるなかで、どうして看護師なのか散々考え、口にしてる間に、どんな看護師さんになりたいのかはっきりしてきたようです。

「医療ならドクターでしょ」とも思いましたが、そこは ほれ 持って生まれたものもありますし(((爆)))

今回の診察でどんな方針がでたのかまだ聞いてないので、後で確認してみようと思います。
もう、減感作はやらないのかしら?
この先、劇的な治療薬でもない限り症状はかわらないと思います。現状は、乳糖以外の「乳」の表記のあるものはNGです。反応はその時によって違いますが、「蕁麻疹がでる」です。
表面に出る=器官にも出る
ので、呼吸器の音に注意して、◯◯グラか吸入で処置しています。実験的にエピペンを使うチャンスを狙ってますがまだ実現には至っていません。

本人は人体実験よろしく、食べれるものの実績を積み上げていってます(笑)
こちらは食べれた品物を覚えてないので、明らかじゃないもの以外買いません(笑)それでいいと思う事にしています。

この先、大きな変化がなければこちらの記録も更新する事がないと思いますが、もし読んでいてくださった人がいたら、長くおつきあいいただいてありがとうございました。

それとお子さんが食物アレルギーで検索してここを偶然見つけられた方、仕事をしていても勤めていてもなんとかやってこれました。出口が見えなくて不安な事も多いと思います。うまく情報を探して、自分に会う情報を選んで、必ずお子さんとご自分に照らしあわせて取り入れて過ごしてくださいね。
一人じゃありませんから☆

それにしてもタイトル、
高校を卒業したものの大学生ではないから「高校生最後」でいいのかしらん^^

Comments:2

どんぐり 2013年3月24日 10:43

ちびちゃんご卒業、進路が決まりおめでとうございます。
看護科は実習も勉強も大変なようですね。
アレっ子は看護師さん志望多いようで、会の仲間のお嬢さんも
看護科に通っています。

息子もなんとか大学決まりました。
うちは定期検診も息子にすっかり任せていたら、受診日を忘れたらしく
明日にでも本人に電話させます。

たまにはブログ更新してください。

ハナママ 2013年3月26日 23:29

ありがとうございます。
アレっ子は看護師さん志望多いのですね。チビの場合「就活したくない」というイマイチ不純な動機なのであやしいのですが(笑)覚えなきゃならない事も多いでしょうし、実習も多いと聞くので大丈夫なのかしら?とも思ったりします。今は平和な春休み。そろそろ退屈になってきたようです。
サムくんも進学ですね。おめでとうございます。大学は生活も不規則ですし体調に現れないことを祈ります。これからはどんどん子供たちの世界になっていきますね。アレルギー治療もバトンタッチです。
最近はFBの方ばかりで、ブログに書くことが少なくなってきました。
https://www.facebook.com/yoshiko.taniguchi8 どんぐりさんともお友達になりたいのですがつながり方がわからず・・・。こちらにURLを記します。よろしくお願いします。

Comment Form

Home > 経口減感作 > | 診察 > 高校生(?)最後の診察 

Search
Feeds

Return to page top